お菓子を焼くのはやはり楽しい

こんにちは~、アーティストchiguです。

オートクチュール刺繍、手紡ぎ&手織りをしております。


久しぶりに本屋さんをぶらぶらしたら、手芸本も料理本も新刊がいっぱい出ていて楽しかった。

料理本は私にとってHow To本と言うよりは単なる読み物、なので、実際にその料理を作るかどうかよりもリラックスタイムに見て楽しいかが重要。

まあ、そうやってイヒヒと笑みを浮かべて眺めているうちに、たいてい作ることにもなるけどね。


久しぶりと言えばこちらも久しぶり、お菓子を立て続けに焼いた。

バナナがあるから、とか、家におやつが無いから、とかそんな理由だ。

忙しいと思ってお菓子を作らない時期が続くこともあるけれど

実際にはやってみるとたいした手間ではない。

午後のおやつの時間を楽しみに待ちながら手仕事をするのも良い感じ。


バナナの入ったパウンドケーキは写真も撮り忘れてさっさと食べてしまった。

こちらはその後に作った、コーヒーとカルダモン風味のパウンドケーキ。

チョコがごろごろ入っている。

本当はチョコはもう少し小さくするのかも知れない。

私は大きいのが入っていると嬉しいので、ついブロック状のものを入れてしまう。

見た目がちょっとコワイのはそのせいだろう。


先日は珍しく相方と一緒にクッキーを焼いた。

かたちなど気にしない、素朴クッキー。ホワイトチョコチップ入り。

キッチン仕事は基本的に私ひとりでやることが多いから、ふたりでお菓子を作るなんて新鮮だった。初めてかな?

ちなみに相方は料理もお菓子作りも仕事の関係で慣れているので(と言っても飲食店などとはまったく関係のない仕事だけど)

レシピをふむふむと見たら、あとはさっさと作ることが出来る。

そんなわけで私が気をつかう必要もないから、ひとり一種類で、それぞれちょっとだけ味を変えて二種類作った。

ふたりで作るとイベントみたいだし、なんだか楽しかったな。


気温も上がってきたことだし、酵母を起こしてパンも焼こうかな。


やりたいことだらけだ。こういうのってやっぱり春なのかなあ、と思う。


白チワワのおちびも春めいている。

散歩のときのもっと先に行こう、もっともっと進もう、という勢いがすごい。

小さいからだの割に散歩の距離が長く、そこで占める走る距離もなかなかだ。

家でも寒いあいだは寝ていることが多かったのが、今は何かと構って欲しがる時間が増えた。

リビングにストレッチや筋トレをするためのヨガマットを敷いたとたんに「ここで遊ぼうぜ!」と、写真のような感じになるわけ。

春なんだね。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA