シルクオーガンジーを刺繍枠に張って。
ふっと集中して、自分のなかに潜っていく。深く深く。
その瞬間にわたしのなかにあるものをすくいあげてオーガンジーの上に表現していく。

アトリエchiguの刺繍ジュエリーたちは、そのときにしか出来ない一点もののアート。

個性的な表情の作品たちのなかから
あなたの気持ちにぴったり寄り添うひとつをぜひ見つけて下さい。

刺繍ジュエリーは
刺繍用のかぎ針と刺繍針を使い、
糸、ビーズ、スパンコール、さまざまな素材を
ひと針ひと針刺繍し制作しております。

たくさんの素材を重ねて生まれる奥行き
そして美しい色づかいが特徴です。


刺繍ジュエリーについて


大人になってから、ふと、ブローチやネックレス選びに困ることはありませんか?

装いをもうちょっとだけ自分らしく仕上げたい。
個性的、でも奇抜ではなく装いに馴染むもの。
大人らしい品があるもの。
何より、他にはない、自分だけのお気に入りで、持っていることで楽しい気持ちになれるもの。

当アトリエの刺繍ジュエリーは、そのように感じているお客様に「こういうのを探していた」とおっしゃって頂くことが多いです。
抽象的なデザイン、オリジナリティ。
精緻な手仕事の贅沢さ、厳選した素材、シックな色み。
そして程よいボリューム感。
1点ものということ。
大人の方のファッションを自分らしく完成させられるアイテムとしてご愛用頂いております。


もともとどのような方が使って下さるのかを考えて作り始めたのではありませんでした。
アンティークジュエリーが好きで彫金を学んだchiguが、
刺繍と出会ったとき、その色も素材も無限の世界に夢中になりました。
そして彫金でなじみのあったネックレスやブローチを作り始めました。

大好きなジュエリーの世界と刺繍の世界が溶け合っていくのを感じていたと思います。

せっかく自由度が高い刺繍の世界ですから、もっと軽やかに、もっとのびのびと、カラフルに。
でもあくまでもエレガントに、あくまでもシックに、ジュエリーの感覚はそのままに。
私はそれらを自然と「刺繍ジュエリー」と呼ぶようになりました。
制作を続けるうちに、刺繍ジュエリーが、色々なものを見てたくさんの経験を積んだ大人の方々にご愛用頂いていることに気づきました。
atelier chiguの作品たちは「自分だけの愛でるもの」をお探しの方に、見つけて頂いていたのでした。

アーティストchiguが「美しい」「作りたい」と感じて制作するものがどなたかの愛でるものになること。
それは長く続く制作の一番大きな励みです。

作品はオートクチュール刺繍の技術で制作しております。

とくにリュネビルというかぎ針を使った技法は美しいラインを描くことができます。
当アトリエの刺繍ジュエリーの存在感は、熟練した技術によって実現しております。

作品のデザインについて


刺繍台に向かったときに浮かんでくる美しいイメージを
その都度そっとすくい上げて表現しています。

それらは降り積もった記憶の底からやってきたものたち。

シック、カラフル、光と影、冷と温、ふわふわ、かりかり、もこもこ…。

その都度、その瞬間にデザインするので、ほとんどが一点もの。ちょっと個性的。
このアートという要素が、当アトリエ作品の「自分だけの」を支える大切な土台です。

見る方によって感じるイメージは違うから、モチーフの説明はしておりません。

単なるファッションアイテムとして、だけではなく、
私はこれが好き、と感じることでご自身の一部になるような、
だからこそひとつ着けるだけで今日の装いを自分らしさで完成させられるジュエリー。

そのような作品づくりを目指しております。