こんにちは~、アーティストchiguです。


何度か話題にしていることで、

chiguの作品は同系色でたくさんの色を重ねていくことで奥行を表現することが多い。

たとえばゴールドの糸だけでもたくさん持っている。その記事はこちら↓

友人が「絵画みたいだね~」と言ってくれたこちらのブローチはスパンコールも糸も同系色の複雑な重なり合い。

brooch-0759

まだ刺繍枠に居た頃。

ゴールドの糸も、太さでも質感は変わるし、そこに色の選択肢も増えると

ちょっと気が遠くなるような広い世界になっていく。

ずっと前、それで刺繍には手を付けまいと思っていた時期があった。

素材の多さと、それにともなう選択肢と可能性の膨大さを自分が扱えるような気がしなかったから。

いつの間にかそれも「自分にも出来る範囲があるし、広げていくこともできる」と分かったけれどそれはいつのことだったのだろう。

多分、最近だ。

グリーンも何色も使った。

スパンコールはピンクをベースに、渋いゴールドやテラッとした光のイエローも入っている。

ちょっとずつ混ぜる。

混ざらない絵具みたいに。

同じようで違うのだ。


だいたい最後の頃に、バランスを見ながらガラスストーンや天然石を載せる。

こちらにはヴィンテージの天然石と小さなクォーツが載っている。

これもまた、色、光の質感、形と、膨大な選択肢があって

これだな!とはまった時はとてもすっきり晴々した気分。

もともと決まっていたデザインのパズルを完成させたみたいに。

行き当たりばったりに作っているけれど、もうこの子たちはどこかにいたのかな。

自分のなかに形としていたんだろうか。自分が知らないだけで。

そのへんはよく分からないな~、分からなくて良いことだしねえ。


*****************************************

アトリエchiguの作品を販売するオンラインショップをOPENしました。

新たなシリーズ、オートクチュール刺繍のアートワークをぜひお楽しみ下さいませ。

atelier chigu powered by BASE

ご来店お待ちしております。

*****************************************


おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA