これがこの時間のベストなのです

こんにちは~、ここのところ刺繍がノッているchiguです。



ノッているって私のなかでは素晴らしくて幸せな時間だ。

何かを作ることを年単位でやっていると、いつもノッていられるわけではないことが分かってくる。

自分のなかに「作らないと!」みたいな思い込みがあると、ノッていなくてそれが出来ない時間はいささかつらい。

時間はあるのに、作れない。道具も材料もあるのに、作れない。

自分がだめな人、みたいに思えてくる。

他の人はこの時間、働いて有意義な時間を過ごしているのに。



これまで、そんなときの対策をいろいろ考え試行錯誤してきた。

無理に作業台の前に座って何か絞り出してみるか?

パターンのあるものをとりあえず作っておくか?



最近の私の良いところと言えば、

こういう焦りから距離を置けるようになったことかと思う。

そのキモは「作りたい衝動から作った作品が、今の私のベスト作品だ」と決めたことだ。



今、取り組んでいるシリーズは、特に決まったモチーフが無い。

なんというか、本当にその場のノリだけで面が埋められていく。

だから仕上がりがどうなるのかはまったく分かっていない。

色とか形とか、ほんの微かな手がかりから始まり、後は本当に「ノリ」。



多分自分のなかの混沌に梯子をおろして降りて行き、そこから何か見つけ出して形にしているんだろうと思う。



だから、梯子が無いときに無理して何かかたちづくっても、今回のシリーズでは何か違うのだ。

梯子がかかるのを待っても良いことにした。焦る必要はない。待つ時間は大切。

そう分かったというか決めたというか、そうなってから、

ますます純粋に自分と向き合うことの大切さを痛感しつつある。



長くなるからその話はまた後で。



最近刺した刺繍。

全面を刺し埋めて、更にのせていく。

刺し埋めた上にのせた時は、ほどくと穴が目立ったり糸同士が絡まったりするから

やり直しがきかない。

次のひと刺しはまさに、でや!と真剣勝負、そのときのベストなのだ。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA