やっと二枚目に入れた日

こんにちは~、先日髪型をかなりのベリーショートにしたchiguです。

もともと短い髪型が似合うと思っているから、仕上がりはすごく気に入った。

カッコイイじゃん!とご満悦。

けど・・・頭が寒い。こんなに違うものなのか。鼻水が出ます。


え~と、気を取り直して。


自宅のアトリエで取り組んでいる織はなかなか進まない。

ペダルの踏み順が複雑だし、二丁のシャトルを扱うのでシャッシャシャッシャと織るわけにもいかないのだ。

でも作業としてはとても楽しい。

昨日、2枚分かけた経糸のうち、1枚分がやっと織り終わった。

2枚目にやっと着手出来て、緯糸の色も変えたことで「進んでるな~」と実感が湧き嬉しいところ。



写真だと黒に見えるけどダークブラウン。

マスタードイエローで織っていた時よりも模様がはっきり見えて、今更ながら「おぉ~、こんな柄だったのか」なんて思いながら進めてる。

手間がかかるだけあって繊細で素敵な柄。

縮絨したらサイズがだいぶ小さくなるから、また雰囲気が変わるだろう。


世のWeaver(織り人っていうのかな?織り手?)のアトリエに憧れて画像なんかを見ていると、織機のベンチにあたたかそうな敷物を敷いて紐で縛り付けているシーンを見かけることがある。

最近になって理由が分かったよ。

寒くなったとたん、ベンチががぜん冷たく感じられるようになった。

で、私もあわてて敷物を敷く。


昨年、初めて自分で紡いだ糸で織ったひざ掛け。

これがなかなかあたたかいのだ。

ベンチにゴム製の滑り止めマット(ラグの下に敷くやつね)を敷いてひざ掛けをのせ、さらに紐でくくる。

そうしないと織っているうちにうわ~と滑ってしまう。

今日の午前中はこれで織ってみたが快適。

こうして自分で織ったものを実用的に使えるって嬉しいなあ。


最後はおまけに本日の白チワワのちびナナたんを。

寒くても元気に散歩して、帰宅後は陽だまりでくつろいでいる。

幸せそう。見ている方も幸せになっちゃうね。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA