ちょいと懐かしい柄を織る

こんにちは~、アーティストchiguです。


ここのところ、ちょっと懐かしい柄を織っている。


懐かしい、と言うのは

オーバーショットという織り方を初めて織る時に選んだ柄だからだ。


こちらが当時の写真。


自分の織機をアトリエに入れて、嬉しくて色々なことにチャレンジしていた時期。

毎回糸をかける度に全てが試行錯誤の連続で

ある意味苦労の連続でもあるのだけれど、苦労とも感じなかった。

夢中だったからね。


考えてみれば今も同じで、毎回チャレンジと試行錯誤の繰り返しだなあ。

違うところがあるとしたら、織機と手順に慣れたから

もう少し本質的なところで苦労出来るようになったってことか。

どうなんだろう。

何年か後には、「あのころはまだこんなことに意識を持って行かれてたから・・・」なんて言うかもね。

それはそれで、成長してるってことで良いな。


柄は同じだけれど、素材も糸の太さの選び方も打ち込み方も違う。

だから結局新鮮だ。

ペダルの踏み順が複雑だから、短い時間集中して織って、休憩して、また短い時間織って・・・

そんな風にしないと間違ってしまう。

あ、成長した点と言えば、間違ったときに気づくってことかな。

柄の違和感とか、このペダルのときにこんなに軽いのは変だな・・・とか

些細な勘のようなものがはたらく。

これは毎日のように織っている成果のひとつだと思う。




一枚目は青、二枚目は赤。

艶のある美しい糸。

先は長いけれど慌てず淡々といこう。


最後におまけ。

例によって倒れて寝ているおちび。

ひんやりするマットがすっかり気に入ったらしい。

気持ちよさそうだねえ。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA