こんにちは~、アーティストchiguです。

オートクチュール刺繍、手紡ぎ&手織りをしております。


朝からキッチンで黒豆を煮ているので、狭いリビングまで黒豆の独特の香りが漂っている。

黒豆は朝食に必ずちょっとだけ食べる。

そのために一度にたくさん煮て冷凍しておく。

味はつけないから、本当にただ煮るだけ。

お正月の黒豆とはまた違う、もっと素朴でデイリーな存在。

なんで朝ごはんに黒豆を食べることになったのか

それがいつからどんなきっかけで始まったのか、実はまったく覚えていない。

謎だ・・・。

なんにせよ味のついていない豆って割と何にでも合うからちょい足しに便利だよね。

きっかけは謎にしても腹持ちの良くなる朝食のおともとして、

今朝もことこと煮ているのだ。


昨日まで熱心に糸紡ぎをしていて、

そしたら急に「こんなの刺してみようかな」と刺繍でやってみたいことが浮かんだ。

無心に手を動かす糸紡ぎと、より創造的な(私にとってはね)刺繍はこういうところでとてもバランスが良い。

こっちをやっていると、こっちに良い作用がある。お互いに。


今回浮かんだものをパッとかたちにしちゃうか、もちっと自分のなかで熟成させるか・・・。


こちらは少し前まで刺していたもの。

試しに始めてみて、ちゃんとしたかたちにはなっていない。

ごろっと大きい天然石を使ってみたかった。

手始めのところとしては気に入っているけれど強度とか課題があると思う。

こういうサンプルの積み重ねも大事。


この後は煮えた黒豆をタッパーに小分けして

糸紡ぎをするか刺繍をするか、そのときに決めよう。

雨、今日もよく降るねえ。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA