こんにちは~、アーティストchiguです。

オートクチュール刺繍、手紡ぎ&手織りをしております。


経糸にリネンをかけた織物は3枚目に突入。


少し太めのリネンを緯糸に選ぶ。

玉巻器で巻き巻きしてから、シャトルに入れられるように管に巻き巻き・・・

これでけっこうな時間が過ぎていく。

糸の写真を撮っていると、おチビがレンズに下に入り込む。

相手にしてくれい、のサインです。

い、忙しいんだけどな~・・・。


と、ひとしきり相手にしてから作業を進め、織る、と。


またもやまったく当初の予定と違う。

もう、ぜんっぜん違う。

でも楽しい気持ちで「次はこうしよう~、ああしよう~」とやっているうちは、自分で気に入るものが出来るからそれでいいのだ。


昨日の出来事なんだけれど、上の写真の織を進める前に、近所の大好きな南仏料理屋さんに行った。

お昼用にお惣菜を買っておいてそれを楽しみに頑張るためだ(どうせ楽しくやっているんだが、こういうニンジンを用意するのが好きなのだ)。

それなりに織り進んで、よっしゃ、お昼~!とパンを焼き、コーヒーを淹れてお惣菜とパンをお皿に盛る。

窓の外は思いがけず良い天気(天気予報では曇りだったからね)。

食事はもちろんすごく美味しい。

外では緑が時々揺れている。

近くでおチビが寝ている。

で、ふと目をやると、アトリエには織機があって、棚には織の糸や刺繍の道具が並んでる。

なんかさ、すっごく幸せだな~って気持ちがふわ~っと湧いて来てさ。


ま、それだけなんだけど。


そういうのってほんとに瞬間的で、つかまえて瓶に入れてとっておけるものでもないしさ、

だから、後で実感をともなって思い出せるものでも無くてさ、

残せるとしてもこうして言葉で書く記録だけ。

でもそういう瞬間が確実にあるんだってこと、やっぱり大事だよね。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA