こんにちは~、アーティストchiguです。

オートクチュール刺繍、そして機織りと糸紡ぎをやっております。


刺繍のブローチを仕立てる日々が続いている。

平面だった刺繍が立体的になって、また違った姿を見せてくれたとき

すごく新鮮な感動を覚える。

「君って、こんな風になるんだね」と。

刺繍の工程としても、どこを目指しているのか分からず進んでいくけれど

それを仕立ててブローチになったときの姿もまた

作っている本人も想像がついていない。

いや、ついているつもりだったのが、

刺繍枠に並んでおさまっている時とまったく印象が変わるのだ。


そして完成品を身に着けたらまた表情が変わる。

ころん、と置いておくとまた違った顔を見せる。

本当に生き物みたいだ。

私が作っているけれど、私とは別の意思を持って勝手に進んでいくような。


今回、私は君たちが生まれてくるための通過点だね。

これからどんな風にどこに行きたいのか、教えてくれると良いんだけど。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA