織りあがったマフラーの房を撚る

こんにちは~、昨日の午後、自宅で織っていたオーバーショットのマフラーを織りあげたchiguです。

昨日は台風が来るってことで一歩も外に出なかったから、なにかと手仕事がはかどった。

インスタグラムを見ていたら、手織りをする人・糸紡ぎをする人は、私と同じようにそれらの手仕事をしていたことが分かった。

準備としてやれることはこれ以上ない、でもこれからやってくる台風に不安はある。そんな時って手仕事が気持ちを落ち着けてくれるのだ。

2011年の震災の後も、小さな明かりを頼りにクロスステッチを進めることでずいぶん気持ちが救われた。

そんなわけで一所懸命取り組んだ結果、織り終わったマフラー。

赤とベージュでモチーフを繰り返してる。

今日の夕方から房を撚り始めた。

前は房を撚るのが苦手だった。

2本の房を撚ってからそれらを1本に撚り合わせるのだけれど、先に撚った1本をクリップで押さえておく方法を思いついてからとても楽に出来るようになった。


房の処理が終わったら縮絨する。

糸が密に入っているから、縮んだら固くなってしまわないかがちょっと心配。

うまくいくといいな。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA