晴れはやはり嬉しい、なぜ寝ている写真なのか、終わりと始まり

こんにちは~、アーティストchiguです。

手織りでストールを、そしてオートクチュール刺繍でジュエリーを手掛けております。


やっと朝から晴れた。

それも湿度がちょっと下がりそうな晴れ方。

やっぱり嬉しいし気分が上がるよね。

それにこの日光を無駄にしてなるものかって思う。

で、朝から洗濯や掃除を張り切って、楽器ケースの除湿剤も干したりして

やっと一段落。

ふう。


おちびはその間じゅう、自分のお出かけバッグに入って寝ていた。

インスタやこのブログのなかで

おちびの写真はこういう寝ているものが割と多い。

これはおちびが寝てばかりだからではなくて、

起きているときにはやたらわちゃわちゃと動いているからまともな写真が撮れないためだ。

やっと動きが止まった、と撮ろうとするとさっとレンズの前からいなくなったりする。

そんなこんなでピントを合わせて撮れるチャンスは寝ているとき、になってしまうわけ。

すごいぼんやり顔だな~。相変わらずオンオフの切り替えがすごい。


さて、機織り機にかかっていたマフラーを織り終えた。

なかなか良いんじゃないでしょうか。柄が良いバランスで出た。

このあとは房を撚り、縮絨をし、スチームをかけるという作業が待っている。

マフラーやストールが完成するまでの工程で、織る時間と言うのは本当に少ないと言えば少ないのだ。

それでも機織り機からおろした時ってやっぱり「終わったひと区切り感」がしっかりある。

今日はこのあと、次の織るものの準備を始める予定。

使う糸を並べて計画を立てる。

次の始まりですよ。この晴れが、背中を押してくれそう。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA