こんにちは~、アーティストchiguです。

オートクチュール刺繍、手織り&手紡ぎをやっております。


今のところ、手織りと手紡ぎは私にとって”作業”という部分が多いから

やろうかなと思えば取り組みやすい。

たとえば糸紡ぎは素材が用意してあれば、あとは慎重にそれらを淡々と糸にしていくだけだ。

全体の流れは創作なんだけれど、紡ぎ始めてしまえば、私の頭の入り込む隙間は無い。

こういう糸にしよう、という方針に沿ってそれを丁寧に実現するだけだ。

織も、始めにそれなりに計画を立てて経糸を張れば、あとはだいたい無心で作業をこなしているような感じ。

ただし最近は途中でああしようかな、こうしようかな、がずいぶん出てくるようになってきたから、一心不乱に一枚織り終えるということが少なくなってきた。


で、刺繍。

何度か書いてきたけれど、刺繍はいちからじゅうまで私が監督し同時に作業する。

ゼロからの創作をずっと続けることになるから、小さな面積の割に消耗する。

絶えず次の一手を刺繍台と見詰め合って感じ続ける。

膨大な素材を探りながら手を動かす。

それなりのエネルギーが必要なのだ。

それも、できればとてもピュアな創作エネルギーが。


それで作業に取り掛かるのが重くなってしまう時もあるけれど

だからこそと言うべきか、刺繍はやはり楽しい。

そのひとつひとつが。


今回はカラフル。

カラフルの次はなんだろう?そのときになってみないと分からない。

願わくば、いつも自分がオープンに開放されていて

表現したいものに対してうんと素直でいられたら、と思う。


重く感じるのは、自分のなかに不自由さをまだまだたくさん抱えているからなんだろうな。

もっとするっと軽やかに取り組める自分になりたいな。無邪気にさ。


なんにせよ、結局、実際に手を動かしていくしかない。

じっと座って「自由な自分になるにはどうしたらいいんだろう・・・」って考えているなんていちばん不自由だ。

というわけでここのところ刺繍デーが続いている。

気分転換に手織りが入り、また刺繍に戻る。

好きなことを行ったり来たりしてる。それって幸せだよね。本当に。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA