おチビが来て三年なのである

こんにちは~、アーティストchiguです。


気が付くと、白チワワのおチビことナナたんが我が家に来てちょうど3年になる。


誕生日は何かお祝いに買ってあげようね、というぱぁっと明るい感じの日だが、

我が家に来てもらった日というのは、心のなかがじ~んとするなかなか感慨深い日だ。


おチビはとても小さかった。

ときどきお店で同じ月齢(生後二か月)のチワワを見ることがあるが、どの子も当時のおチビよりはちと大きいように見える。

みょ~に寸詰まりでコロコロしていて首があまり無く、耳がやけに小さかった…。

そしてこれはあらゆる仔犬に共通することだとは思うけど、ゲージから出ている間じゅうおそろしく素早く動き回っていたので、良い写真を残すことは難しかった。

どんなにレンズや設定を工夫しても、多くはブレブレになってしまった。


シャッターチャンスはソファの下に潜り込んだ時。

暴れたあと休みたいときにはソファの下に入っていたっけね。でも暗いから撮りにくいんだよな・・・。


もちろん寝るときもじっとしているので、これもシャッターチャンス。

と言いたいところが、ちょっとでも近づくとすぐ起きてわさわさするので、ちゃんと休ませようと思うと近寄らないのが一番だった。

寝ている写真を撮りたければ、野生動物撮影よろしく、室内ではなかなか使わない望遠レンズを匍匐前進状態で構え、じっと待たねばならない。

なんだったら植木鉢の陰に隠れてインテリアの一部になりきるくらいの覚悟で・・・いや、我が家には植木鉢も無いですけど。

それで撮れたとして、トイレで寝ている写真だよ・・・

どうして仔犬たちはトイレで寝るのが好きなのか。


これは数日経ってからだね。

私の姉の膝かな?

たぶん初めて実家に連れて行った日で、やや不安そうにしているのだ。


こちらは現在。耳が大きくなった。

運動が好きなせいか、細マッチョ。

おチビは積極的な子だ。自分からあれやろう、これやろうと言ってくるタイプだし、好奇心が旺盛であまり怖がらない。

嬉しい、大好き、の表現はものすごくエネルギッシュ。

そして、ノリがいい。一緒にいやっほう!となりやすい。

オン・オフの切り替えがものすご~くはっきりしていて、オンではやんちゃな暴れん坊(なにかと乱暴)、そしてお疲れのオフ時のエネルギーダウンぶりは別犬のよう。

犬の個性もいろいろなんだねえ。

うめたんのおもちゃを取って、返したくないの図。

姉宅の白黒ちびちびチワワのうめたんとはそれなりに仲が良い。

会えばお互い嬉しいらしい。


うめたんを遊びに誘う時には、ソファの下に入って背中をドスドスとぶつけながら「さあ、かかって来いよ!」みたいなポーズをとる。

もちろんそんな誘い方はまったくもって分かりにくいらしく、うめたんはだいたいは「何それ」って感じで見ているだけか、怒ってしまうかのどちらかで遊びには発展しない。

そのズレたコミュニケーションも見ていて面白い。


おチビと暮らしていると日々は新鮮だ。

一緒に過ごす時間はうんと甘くて切ないくらい愛しい。

同時にとても呑気でしょうもない。

おチビ、ナナたん、一緒にいるとさ、その時間が大切で仕方ないんだよ。

それがどんなに何気ない日常の一場面でもね。

そんな気持ちで過ごせるって素敵なことだよね。お前のおかげだよ。ありがとう。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA