手紡ぎヤクは双糸に 白チワワはテラス席に

こんにちは~、今日は一日せっせと動き回っていたchiguです。

よく動いてよく食べて、あとはよく寝るだけだなフフフ。


さて、ずっと取り組んでいたヤクの糸紡ぎ↓。

とうとう仕上げたよ。

細い細い単糸のまま使うか、双糸にして少し太くて丸い糸にするか、かな~り悩んだ。

結局、双糸にした。

原毛のときのあの柔らかさとかふわふわ感を思い返すと、かりかりに細い単糸よりも、空気を含んでふわっと柔らかな双糸の方が素材の「らしさ」が活きるように思って。


不思議なすべすべ感とふっくらふわんふわん感。艶もきれい。

ひょっとしてすごく良い糸が出来たのではあるまいか。

と言っても、織って、縮絨して、その上でどうなるか、だからな~。結論はだいぶ先。

でも早く使ってみたい!っていう素敵な糸が出来たのは確かだよ。


話がぜんぜん変わるんだけど。

先日、お気に入りのお店にランチを食べに行った。相方、白チワワのちびナナたんと私とで。

ナナたんが一緒だからテラス席に。程よい天気、素敵なお庭。美味しいランチ。



上機嫌のちびナナたん。

ここには先代ナナたんも一緒に来て、同じように膝にのっていたっけね↓。


後ろの方で、お店の看板犬君が熱いまなざしを送っていた・・・。

今回もナナたんに優しくしてくれたよ。



先代は大人しくてお嬢さんで、こういう写真が良く似合った。

本人もこういうのがウケると知っていてよく付き合ってくれたっけねえ。


ちなみにちびナナたんはこうして大人しくベンチに座ってくれたりはしない暴れん坊なので、このような写真はまず撮れない。

動き回ってばかりだからピントが合う写真を撮るのがせいいっぱいで、


撮れたとしてもこんな、イマイチ変な顔だったりするんだよね。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA